analogmagik software & Test LPs

アナログマジック ソフトウェア&テストLPs

PCを使用する理想的な
アナログ・セッティング・ツール

アナログマジックとは

アナログ・システムの音声信号をパソコンに取り込んで測定を行う今までにないツールです。セッティングに関わる様々な項目を測定するためのテスト用信号を記録した高精度なテストレコードと測定・表示を行うソフトウェアで構成されています。
“アナログマジック”では、セッティングに関わる以下の様々な項目を測定し数値化できます。

・SPEED ターンテーブルの回転速度
・WOW&FLUTTER ターンテーブルのワウ・フラッター値
・AZIMUTH カートリッジのアジマス(左右傾きバランス)
・VTA カートリッジの VTA=垂直トラッキング角度
・ANTI-SKATING トーンアームのアンチスケーティング力
・LOARDING フォノイコライザーの適正インピーダンス
・GAIN フォノイコライザーの出力ゲイン
・VIBRATION システム全体の振動値
・RESONANCE システム全体の共振値
・VTF カートリッジの VTF=適正針圧

これらの値を PC で測定・数値化することで、現在のセッティングはどれほどのずれが生じているか、また歪みなどがどれだけ発生しているかを簡単に確認することができます。

アナログマジックの使い方

※アナログマジックの使用には、「USB入力付きADコンバーター」が必要です。

アナログプレーヤー → フォノイコライザー → USBオーディオ・インターフェイス(サウンドカード)→ パソコン の順に接続します。
従来アナログのセッティングは、水平や垂直などの見た目や聴感上で判断することが一般的であり、厳密に言えば回転するレコード盤に針を落とした時点で既にセッティングがずれてしまっている…という可能性があります。
“アナログマジック”は、実際に回転するレコードを再生して音声信号を読み取り、それをリアルタイムで数値化するので、カートリッジの個体差を含め動的な状態での正確な測定・確認が可能です。

アナログマジック ソフトウェアの画面例

上図のように結線しソフトウェアを起動したら、テストレコードをアナログプレーヤーで再生。PCにその音声信号を取り込みます。
数値化された各項目の値を確認しながら、どこがずれているか、どこに問題があるかを推察し、システムを逐次調整、各項目が理想の数値に近づくよう、セッティングを追い込んでいきます。この繰り返しにより、理想的なアナログ・システムが実現するのです。

ワウ・フラッターの計測画面
VTAの計測画面

カタログPDF