Minima Amator Ⅱ

ミニマ・アマトール2

創業者も愛した“Minima”の魅力を最新の技で再構築した、新たな傑作

コンセプト

1990年、ソナス・ファベールは、名品“ElectaAmator”の系譜に小型スピーカーの新たな傑作を加えました。その名は“Minima”。“小さな”を意味するその名称通り、“ElectaAmator”を一回り小さくしたサイズながら、クラフトマンシップの粋を集めた寄せ木構造や鋭角を排した優雅なスタイリング、木材とブラックレザーの対照がもたらす格調の高さは、ソナス・ファベールの優れたデザイン感覚をあらためて世界に印象づけました。
1993年には、110mm口径ミッドウーファーを140mmに替えて“Electa Amator”同様のフォルムを獲得した“Minima Amator”が誕生、このサイズにおける極限のダイナミズムを追求しました。
2008年、初代“Minima”の復刻モデルとして登場した“Minima Vintage”は、ウォルナット寄木構造など初代同様のデザインに、当時最新のソナス・ファベールのテクノロジーを組み込み、国内外できわめて高く評価されました。

そして、2020年、伝統と革新を融合することで常にスピーカーの新しい歴史を創造してきたソナス・ファベールは、最新世代たる“Minima Amator II”を完成させました。フロントバッフル、リアバッフルをブラックレザーで包み込み、無垢ウォルナット材で仕上げたエンクロージャーは、これまで同様、奥行きを絶妙な長さにチューニングすることで豊かな響きを獲得、初代“Minima”を思わせる立体的な表現力と、繊細でいて力感に満ちた音楽世界の創成に貢献しています。
耳と眼に心地よく、心の奥底に響くイタリアンデザインの妙、そして音響学に裏付けられた機能美に、あらためてソナス・ファベールを手にする喜びを感じていただけることでしょう。

ユニット

高域は、今日のソナス・ファベールのキーテクノロジーの一つとなっている“アローポイントD.A.D(ダンプト・エイペックス・ドーム)”に基づく28mm口径ソフトドーム。ソフトドームとリングラジエーター、双方の利点を備えた、ソナス・ファベール独自のツイーターで、ドーム頂点をわずかにダンピングして音質を阻害する挙動を制御、どこまでも澄明で伸びやかな高域再現を可能にしています。ダンパーは、“Minima Amator”を想起させる3本脚タイプとしました。

緻密でしっとりとコクのある中・低域を表現する150mm口径ミッドウーファーは、“MinimaAmator II”専用として新規に設計されたカスタムメイドとなっています。ダイアフラムには、時間をかけて自然乾燥させた高品位セルロース・パルプを採用、軽量でありながら分割振動等の音質阻害要因と無縁のナチュラルな再現性を発揮し、大型バスレフポート設計と相まって、コンパクトなエンクロージャーからは想像もできない、タイトでダイナミックなパフォーマンスを実現しています。

ツィーターにはソナス・ファベール独自のアローポイント“D.A.D”を搭載。
ミッドウーファーのダイアフラムには自然素材を配合。

ネットワーク

2ウェイ構成ならではのシームレスな音のつながりとエネルギーバランスを担うクロスオーバー・ネットワークは、“Aida II”や“HomageTradition”などに採用された“パラクロス・トポロジー”に基づき、振幅・位相特性を最適化しています。
もちろん、専用パーツを厳選の上、試聴を繰り返してしてマウントされており、振動要因による音楽信号への影響を最小化するために最適化された設計になっています。

スピーカー・ターミナルはバイワイヤリング / バイアンプ接続に対応。リスニングの楽しみを広げます。

別売専用スタンド

本機は棚に置いてご使用頂く事も想定して、底面部にゴム足が4箇所搭載されています。

スタンドに載せてご使用頂く方には、別売オプションとして専用スタンド”Stand Olympica Nova”と”Carrara Stand”の2種類をラインナップ。キャビネットとスタンドを専用ネジで固定することで、より安定性を得られます。

”Stand Olympica Nova”搭載時。
”Carrara Stand”搭載時。

デザイン

“Heritage”コレクションでは、製品の開発から設計、石材の加工、木材の乾燥、エンクロージャーの組み上げ、ドライバーユニットやクロスオーバー回路の取り付けに至る、すべての工程が、イタリア北部ヴィチェンツァのソナス・ファベール工房にて行われています。
スピーカーのマニュファクチャリングを知り尽くしたクラフトマンによる細心の作業、ていねいなものづくりが、世界に誇る音のクオリティーを支えています。

熟練の職人にしか成せない革張りの技術。
キャビネットの組み上げも自社工場にて行っています。

スペック

・形式
 2ウェイ 2スピーカー バスレフ方式 ブックシェルフ型
・使用ドライバーユニット
 高域:28mm口径 アローポイントDAD シルク・ソフトドーム型
 中低域:150mmコーン型
・クロスオーバー周波数
 2.5kHz
・周波数特性
 50Hz ~ 35,000Hz
・出力音圧レベル
 87dB/W/m
・公称インピーダンス
 4Ω
・スピーカー端子
 バイワイヤリング対応(HIGH / LOW)
・寸法(突起部含む)
 幅200×高さ325×奥行310mm(本体)
 幅305×高さ1,045×奥行380mm(Carrara Stand装着時)
 幅282×高さ1,050×奥行395mm(Stand Olympica Nova装着時)
・重量(1本)
 7.1kg(本体)
 18.3kg(Carrara Stand装着時)
 13.8kg(Stand Olympica Nova装着時)
・スタンド
 別売 (推奨2種)
 Carrara Stand、Stand Olympica Nova