Level 6

レベル6

カスタムインストールコレクション

マルチチャンネル・システムの構築

ハイエンド・スピーカーブランドとして世界中のオーディオファイルから高い評価をされ続けているソナス・ファベールが、初めて開発したカスタムインストールスピーカー“Palladio(パラディオ)”。
“パラディオ”コレクションは、イタリアルネサンスの最も有名な建築家の一人であり、多くの主要な傑作(バジリカパラディアナ、ヴィララロトンダ、テアトロオリンピコ等)を建築し、現代にも通ずる建築に関した数々の論文を執筆した「Andrea Palladio(アンドレア・パラディオ)」からインスピレーションを受けました。

“パラディオ”コレクションには、2つのシリーズラインナップがございます。
LEVEL5:“SONETTO”コレクションをオマージュ
LEVEL6:“Olympica NOVA”コレクションをオマージュ

“パラディオ”コレクションの導入により、マルチチャンネル・システムを構築する際に、カスタムインストールを含めてソナス・ファベールのスピーカーで統一することも可能となりました。

ユニット

高域:29 mm シルクドームトゥイーターに、ソナス・ファベール伝統の DAD(Damped ApexDome™)テクノロジーを採用。
中低域:天然繊維とセルロースパルプを自然乾燥させた独自のダイアフラムを搭載。

各ドライバー・ユニットは金属バッフル・フレームに搭載することで、振動・共振成分を排除、音の純度をさらに向上させます。

PC662(正面)
PC662(背面)

ネットワーク

回路に使用するコンデンサは、全て本機のためのカスタムメイドにより、ソナス・ファベールが追求する真に理想的なサウンドを実現します。回路には「パラクロス・トポロジー」設計を採用。
各ドライバー・ユニットの振幅/位相特性、空間/時間特性を最適化する一方、低周波数のインピーダンスを最適に制御することで、アンプとのマッチングに配慮します。

“Olympica NOVA”コレクションをオマージュ

PW-662、PL-664 は“オリンピカ・ノヴァ” コレクションのフロント・バッフルデザインをオマージュした突板仕上げを採用。
仕上げ材にはWalnut(ウォルナット)、Wenge(ウェンゲ)の2 種類をラインナップ。
手作業による入念なラッカリングによる半光沢仕上げを施しています。突板材の接合部にはクリア・メイプル材を挟む事で振動のダンピングに理想的な効果を発揮します。また贅沢な革素材を使用し、プレミアムな質感を得るとともに音響特性も向上させています。

PW-662 Wenge
”Olympica NOVA”にも使用されている、ストリングスを取り付ける事も可能。