Behold BPA68
DAC内蔵パワーアンプ

希望小売価格 4,700,000円(税別)

高度なデジタル・クノロジーと最新のアナログ・テクノロジーが融合した全く新しいコンセプトのパワーアンプ

ビホールドBPA768

BPA768は、APU768デジタル・オーディオ・プロセッサーからの768kHz/24ビットのオーディオ・データをそのままの分解能でD/A変換し、2ペアの完全にバランスしたアナログ出力段から成るブリッジ構成アンプで増幅するステレオ/モノラル・パワーアンプです。D/Aコンバーターを内蔵することによりアンプ出力直前までのデジタル伝送が可能となり、アナログ伝送による音質劣化を最小限としました。

さらに、デジタル信号演算によりアナログ出力段への入力信号に応じた最適な電圧と電流を供給する高効率増幅回路、パワーコンディショナーの機能を兼ね備えたスイッチング電源の採用により、コンパクト・サイズながら600W+600W(4Ω)2の大出力を実現しました。また、APU768からのコントロール信号により音量調整やステレオ/モノラルの切り換えができ、複数台のBPA768を使用したマルチ・チャンネル・システムの構築も可能です。 BPA768は、高度なデジタル・テクノロジーと最新のアナログ・テクノロジーが融合した全く新しいコンセプトのパワーアンプです。

内蔵D/Aコンバータは8個の24ビットD/Aコンバーターを使用して、768kHz/24ビット信号処理を実現。コンバーター出力は出力増幅段と直結しているため、従来の方式のように接続ケーブルやバッファーアンプによる音質劣化はありません。また、出力段にトランス・インピーダンス電流/電圧変換回路を採用。アナログ 増幅段の信号系からカップリング・コンデンサーをすべて排除したピュアDCアンプ構成完全対称ブリッジ・アンプとすることで理想的な出力段を実現しました。この出力段を支える電源部にはスイッチング電源を採用して十分な電源容量を確保するとともに、600W+600W(4Ω)の大出力アンプでありながら比較的、コンパクトなサイズと重量を実現しました。更にはパワー・コンディショナーの機能を電源部に搭載。これにより、電源部には常に安定したクリーンな電源電圧が供給され、ステレオ使用時にもチャンネル間の干渉がありません。

APU768デジタル・オーディオ・プロセッサーによりステレオ/モノラルの切り換えがリアル・タイムで可能。ステレオ、モノラル・アンプとしての使用に加えて、複数台のBPA768を用いたバイ・アンプ駆動やマルチ・アンプ再生も簡単な接続で実現できます。強靭な極厚アルミ材パネル、放熱効果の優れた大型ヒート・シンク、音質と安全を考慮したWBT製バインディング・ポストなど、理想的なシャーシー構造としてある点もBPA768の大きな魅力の一つと言えます。

PA768のブリッジ構成アナログ出力段
BPA768のブリッジ構成アナログ出力段
BPA768のパワー・コンディショナー付き電源部
BPA768のパワー・コンディショナー付き電源部
BPA768の入力部
BPA768の入力部
BPA768の出力端子(WBT社製出力端子採用)
BPA768の出力端子(WBT社製出力端子採用)
実効出力 600W+600W(4Ω)・840W+840W(2Ω)
全高調波歪(THD+N) −100dB以下(DC〜20kHz)
S/N比 −97dB以下(ウェイトなし)
ダンピング・ファクター 700@20kHz
周波数特性 +/−0.025dB (DC〜20kHz)
サンプリング周波数 768kHz/24ビット(モノラル使用時)・384kHz/24ビット×2(ステレオ使用時)
使用D/Aコンバータ AD1853×8
使用パワートランジスター 4パラレル・プッシュプル・バイポーラ型(アンプ4台によるブリッジ構成出力段)
入力端子 SMA50Ω標準RFコネクタ ー
出力端子 WBT製バインディング・ポスト(絶縁カバー付)
消費電力 155W(アイドリング時)・1,900W(最大出力時)
寸法・重量 W484mmxH300mmxD416mm・45kg

ビホールド製品のコンテンツの冒頭へ最初のページへ