Olive 6HD・4HD・3HD デジタルミュージック・サーバー


■ for オリーブユーザー

●最新ファームウェア
現地時間2013年1月30日、最新のファームウェア「Ver.4.3.2」がリリースされました。


●ファームウェアのアップデートに関して
今お使いになっているオリーブ機は、ファームウェアのバージョンが最新バージョンでない場合があります。その場合は、ファームウェアをアップデートしていただくと、現在オリーブ社が公開している最新バージョンでお使いいただくことができます。
ファームウェアのバージョン確認方法
メニュー画面から、
設定 > ご使用中の機器について  (英語表示の場合: SETTINGS > ABOUT YOUR OLIVE)
と、メニュー階層を辿ってください。

表示された画面の右列の下の方にファームウェアのバージョンが表示されます。
「ファームウェアVER0.4.1.3」と表示されていればファームウェアのバージョンは4.1.3です。

「ファームウェアVER0.4.3.2」と表示されていればファームウェアのバージョンは4.3.2です。この場合、アップデートしていただく必要はございません。

アップデート方法(USBメモリによる)

【重要】
■ファームウェアをアップデートした後、万が一液晶画面の表示が崩れる等の不具合が生じた場合、オリーブ機本体のボタン操作で復帰することが出来ます。

●不具合が発生しましたら電源を切らず、オリーブ機本体下記2つのボタン同時に5秒以上押し続けてください。
オリーブ機本体の上向き▲ボタン オリーブ機本体の早送りボタン
数秒後、オリーブ機は再起動し、「ディスプレイ・ファームウェアのアップデート」に関するメッセージを
英文で表示します。メッセージと起動画面を交互に表示した後「アップデートの成功」のメッセージを表示し
オリーブ機は自動で再起動します。
●ボタンを操作しても何も表示が出ない場合は、本体右側のスタンバイボタンを長押しして手動で再起動させて同じ操作を行ってください。


●ファームウェアのバージョンと日本語表示について
メニュー画面を日本語表示できるファームウェアのバージョンは「4.1.3」以降です。「4.1.3」以降のオリーブでは、メニューの表示言語を日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、簡体字中国語、繁体字中国語(台湾等)などからお選びいただけます。
「4.1.2」以前のファームウェアがインストールされている製品も、最新バージョンのファームウェアにアップデートすることで、日本語でのメニュー表示ならびに現在販売している品物と全く同等の機能をお使いいただけます。
・ファームウェアの更新には、インターネットに接続できる環境がありますと非常に便利です。
・インターネットに接続する環境がない場合でも、USBメモリを使ってアップデートすることが可能です。
・2010年(平成22年)9月以降に出荷した品物は、アップデートせずに日本語表記が可能です。

日本語表示への変更方法 例:英語からの変更手順
日本語表示でオリーブ機を動作させるには、メニュー画面から、
SETTINGS > GENERAL SETTINGS > SET LANGUAGE
と、メニュー階層を辿ってください。

表示する言語を選択する画面が現れますので、言語名右側にある上下の∧∨アイコンをタッチして、使用したい言語を表示させます。

日本語で使用なさる場合は「JAPANESE」と表示させておいて、画面左下のレ点アイコン(SAVEと表示)をタッチすると、やや時間をおいて自動的に日本語表示の画面に切り替わります。


oliveトップページ製品仕様・規格カタログ・取扱説明書のダウンロード

最初のページへ戻りますFAQ